So-net無料ブログ作成

酸辣湯 [Cuisine 【中】]

     

ちょっと寒くなってきたので、スーラータンで温まりました。たっぷりのラー油とブラックペッパーで辛めに仕上げて、最後にごま油をチョロっとたらして頂きました。隣に写っているレンゲ可愛いでしょ?先日、合羽橋の道具街に行って購入しました。旦那のセンスです(笑)。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

うちの庭でも [Jardin]

        

うちの庭でもミクロな紅葉の世界が味わえます。

エゴノキの葉が黄色く色づいて、ひらひらと散っていきます。
そろそろクリスマスの飾りでもしましょうか。

    

寒空の下、ひとつ赤い実が生っていました。
幸せを呼ぶというワイルドストロベリーのハーブ。

でも、ちょっとすっぱそう。


perfume sachet [Beauty & health]

     

パフューム サシェ、Francfrancで見つけました。1つ200円という安さですが、なかなかよい香でしたので、シークレットとミステリアスを購入。これをランジェリーの引き出しに入れておくと、下着にいい香が移って、お風呂上りに下着を着けるとき、なんとも優雅な気分に一瞬浸れます。キッツイ香水をつけることはあまり好きではないし、気分が悪くなったり、レストランでは返って失礼なような気もするのですが、これなら大丈夫かな。女の子ですからね、見えないところもキレイに。。。

        

前も紹介しましたが、このTAMANOHADAシャンプー&コンディショナーこれで3回目のリピートです。一番最初は、GARDENIAクチナシの香、次はROSEバラ、今回はMUSKムスクを購入。天然精油から生まれるとってもよい香に虜(とりこ)となっています。これは本当に香水いらずで便利です。髪の毛もしっとりおさまるし、今のところお気に入りのシャンプー。次は何の香にしようかなー。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Ravenswood  Zinfandel [VIN]

         

久々、カリフォルニアのジンファンデル。渋谷foodshowで購入。とろ~り甘いような、スパイスがきいているような、面白いワイン。これはこれでなかなか美味しかったのですが、今日の夕飯にはマリアージュ失敗。ガッツリボリュームのある肉料理がよかった。開ける前にそう思ったんだけど、やっぱりダメだったか(沈)。

    


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

私の憧れ・・・ [Cuisine 【仏】]

        

ここに来ると、自分の料理なんぞまだまだB級グルメだな、と思ってしまうのですが、今回もまた思いっきり食べ、飲み、学んで参りました。ここは私の知人宅。私の父と同じ歳なので、東京の母と慕い、手紙では、“ママへ” “娘より”と書いてしまうほどなのですが、年に何回かこうしてお宅(豪邸)に呼ばれたり、どこかに連れて行って頂いたりと、なかなか同世代の友人では味わえないような貴重な体験、そして人生訓を教えて頂いており、なんともありがたく、お勉強させられます。
今回はお宅でランチをご馳走になりました。こんなの全然凄くないから写真に撮らないで、と言われましたが、無理やり撮ってきました。本気を出せばこんなもんじゃないらしい。
今日のワインはボルドーの白。ライムのような爽やかでさっぱりした感じ、ほぼ1人で空けてしまったような・・・。隣のALESSIのワインオープナーがなんともかわいらしかったので、一緒に撮影。

    

こちらはオードブルで、鯛のカルパッチョ。いくつか出てきた中で、これは私の中では今日のイチオシ。是非これは真似して作りたい一品。

        

メイン。牛肉がフォアグラのソースでじっくり煮込んであります。名前をつけるとしたら何になるんだろう?作り方を教えて頂こうと思ったのですが、所詮材料さえ手に入り難そうなので、聞くのも止めておきました。なんとも贅沢な一品です。こんなものが普通の食卓に上がるお宅があるのですね。これもひとつの社会勉強なり。

このママとはもう何年のお付き合いになるかな。私にはとっても大切な、なくてはならない人。昔、仕事で悩んでいた時、旦那と喧嘩してしまった時、私の駆け込み寺となり何でも相談にのって下さいました。本当にこう書いているだけで、涙が出てくるほど色々助けて頂き、大感謝している人生の先輩です。私が大人へと成長していく過程で、これほどまでに“出会い”というものに感謝したことはないし、こんなに素晴らしことだと思ったことがありませんでした。
今までも、そしてこれからも沢山の良き出会いに感謝して、大切にしていきたい。そして、私がこのママと同じような歳になった時、こうして年齢も全然違うような人たちを受け入れられる、大きい人間になっていけるよう努力していきたいな。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Cono Sur [VIN]

   

今晩のおかずを酒の肴にチビチビと焼酎のお湯割りなんぞ一人頂いておりましたら、うちの主が帰宅したのでワインを開けました。
美味しいブルゴーニュのピノノワールはなかなか手が出ないので、new worldに走った結果、チリのCono Sur(コノスル)のビオワインへ。テーブルワインの定番。レストランでよくサーブされているようなので飲んだことのある方も多いのでは。農夫の方が毎日自転車に乗って農園に行くところから、自転車をモチーフにしているところがかわいい。六本木の信濃屋で購入。
明日は、ボジョレーヌーボー解禁。特に予約はしてないのですが、皆様のご予定は如何かしら?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

豚の角煮 [Cuisine 【中】]

うぅ~(泣)料理ネタが止まりません。仕方が無いです、食べるの好きだし趣味なので。人生論は、私なんかよりよっぽどお客様達の方が色々考えて人生歩んでいらっしゃるしお勉強になります。どちらが癒されているのか??最近ではかなり怪しいろころです。家事の合間、仕事の合間こんなブログですがちょっと覗いて頂ければ嬉しいです。でも先日、体調が悪い時自分のブログ見ていたら、お酒と食べ物ばかりで気持ち悪くなりました(笑)。

    

さて、今日は2日がかりで豚の角煮を作りました。口の中でとろけちゃいそうなくらい美味しく出来上がったので、二人で食べちゃうのがもったいないくらい。ご飯もお酒もよく進みます。1年前の雑誌dancyuを参考に作りました。

****Recipe

1、熱湯に豚バラ肉の塊を入れて、表面の色が変わったらすぐに水にとります。
(このひと手間がアクをおさえ、肉の旨味をガードします。)
もしくは、香ばしさを出したいときは、表面に焼き色をつけます。

2、水から火にかけて、酒や香味野菜を加え弱火で約2時間下煮します。途中熱湯を加えながら、ゆで汁を一定に保つこと。今日は、ねぎの青い部分とニンニク、生姜、にんじんで下煮しました。

    

3、 2時間煮て、一晩おくと↓こうなりますので、この固まった脂、ねぎなどをすべてすくい取って、クリアにします。   

    

4、火をつけ、煮立ってきたら蜂蜜と砂糖を加え、紙蓋をして10分煮ます。
5、時々脂をすくいながら、味醂と醤油を加え煮詰めて出来上がりです。
お皿に盛り付けたら、からしをつけて食べても美味しいです。

昨日も食べた青梗菜と小松菜のmix野菜を、ごま油で軽く炒めて、その中にお湯を入れ、野菜が軟らかくなったら水を捨て、薄く塩と鶏がらスープで味付けしました。角煮と一緒に食べるといけます。

時間は少々かかりますが、意外と簡単に出来るのでお試しくださいな。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Morning bread [Pain]

        

明日の朝食用に作ったキャロットモーニングブレッドですが、一口食べたら止まらなくなって、夕飯だけで半分以上食べてしまいました。たっぷりのクリームチーズが入っているため、かなり高カロリーで食べすぎは禁物と思いながら、このしっとり感がたまらなくなり後を引いてしまいます。ローズマリーをもう少し効かせてもよかったかな。次回に活かそう。が、今日の夕飯よりこちらとワインがよくあって、ワインも進みます。ギブアップしてソファでテレビを見出した夫を横目に、1人チビチビとワインとこれを食べていい気分になっていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

小布施ルージュ 2006 [VIN]

    

目下、小布施ワインに大恋愛中の私ですが、東京でもこのワインを購入できるお店を見つけました。そこは、表参道ヒルズの中の酒屋さん。近くに行く機会があれば見てこようと思ってます。今日は、先日購入した、小布施ワインの赤。メルロー65%、ブラッククイーン30%、カベルネ、ピノノワール5%。今日の中華に合わせてみました。まずまず。ここのワインに限って言えば、白の方が好きかな。

ついでに、今日の夕飯のコメントを言うと、隣の小龍包は市販のもの。やっぱり中華レストランのものには到底敵わない。奥は、初めて食べる野菜で、小松菜と青梗菜(チンゲン菜)のいいとこ取りの野菜らしいです。鶏胸肉を酒と片栗粉で最初もんでおくのがミソなのですが、たっぷりのニンニク、生姜のみじん切りとごま油、鶏がらスープなどで味付け。うちではよく食べる中華です。てんこ盛りですが、さすがに二人では多すぎるので残しました。(念の為。)

はせがわ酒店 表参道ヒルズ店
http://www.hasegawasaketen.com/tenpo_omote.html
予約してからの購入とのこと。


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

クロック ムッシュ?マダム? [Cuisine 【仏】]

クロックムッシュは、カフェやパン屋さん、うちでもブランチなんかでフライパンにバターを入れ、その上に食パンをのっけて若干焦げ目をつけたりしながらよく食べる一品で、無性に食べたくなって作るのですが、
クロックマダムってのもあるらしい。
どこが違うのだろう??と以前よりずっと疑問に感じていたのですが、

先日、とあるフランス語の先生に、
「クロックムッシュとクロックマダムはどこが違うんですか?」と聞いてみた。
すると先生、「えっ、えーーわかんないなあ、クロックムッシュは食べるけど、少なくても僕の人生の中で、クロックマダムは食べたことが無い。」とのこと。
隣にいた女性いの方も、「クロックマダムってお店の名前じゃない?」と言う。
あら?そもそもクロックマダムって存在するのかしらという疑問までが浮上。
フランス語の辞書を引いてみたらと先生が仰るので、とりあえず引いてみることにした。
で、やっと解決しました。(聞く前に辞書引けって話ですよね。)

* Croque-monsieur クロックムッシュ
  ハムとチーズをはさんで焼いたサンドイッチ。

*  Croque-madame クロックマダム
   croque-monsieur に目玉焼きをのせたもの。    (白水社 Le Dico)

って、これだけのことだった。
(因みにクロックには、(ばりばりと)かみ砕いて食べる的な意味合いがあるらしい。)
これなら知らないうちに、クロックマダムもうちで食べていた。

 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。