So-net無料ブログ作成
検索選択

アボガドとタコのマリネ [Cuisine 【伊】]

        

先程やっと年賀状が書き終わりました。今年は何だか喪中の方が多いなあと思っていたので高を括っていたのですが、意外に多かったかも。途中、葉書が足りなくなり、買いに出掛けましたが、それもまた足りなくなり、また、郵便局に行かねばならないか?と思っているところ。
さて、お料理。これは、またまた歯医者さんのお姉様にレシピを教えて頂きました。アボガドとタコのマリネ。何と言ってもこの料理のポイントはわさびを入れることでしょうか。わさびの他、ニンニク、レモン汁、オリーブオイル(上質なものがいいらしい。)でマリネします。わさびの風味が、意外にアボガドに良くなじんで美味しかったです。レシピを教えてくださってどうもありがとうございます!でも、来年こそは、矯正中の歯を終わらせるぞ!
この他は、年越に向けて冷蔵庫の中身も年を越さないように?!冷蔵庫の中を掃除するべく、作った料理たち。
今年も色々な料理を作って来ました。今年、料理に関してひとつ前進したなと思うことは、中華にはまったことかな。豆板醤、ラー油、鶏がらスープなどおなじみの中華の調味料が、いつもあっという間に終わっていました。来年は、ちょこっとテーブルセッティングも学べたらいいかなと思います。

 

 


Domaine de MARTINOLLES [VIN]

   

昨晩飲んだワインのワインメモ。本当は休肝日にしようと思ったのですが、昨日作った麻婆豆腐とにら饅頭が美味しかったので、思わず開けてしまいました。フランスのpinot。スイスイ飲めちゃいましたがまあまあかな。軽い感じ。恵比寿のワインショップで1600円程。

     

これは、ワインが残ってしまったときの必需品。これで空気を抜くと、次の日もフレッシュなワインが飲めます。1500円位だったかな。

 


今年一年・・・ [spiritual]

今年もあと少し、この一年いったい何をして過ごして来たのだろう、そして、何を考えてきたのかと、文章に書きつつ自分の頭の中を整理してみようかと。友人、知人、お客様・・・に読まれると思うと少し恥ずかしい気もする・・・が思い切って書いちゃおう。(そのうち抹消してしまうかも。)

今年は、初めからあまり動かないでおこうと決めていた。仕事、プライベート、人生の転機になるようなことはあえてしないで、時の流れに身をまかせてみようと。だから、子供を今年産むことも、仕事で大金をかけてサロンを大きくしたり、そういう大事業は止めて、人生の運命がもしあるのだとすれば、それが自分からあえて動かないでも、どう変化し押し寄せてくるのか観察しようという受身的な一年を送ってみようと思っていた。

結果、自分が変わらなきゃ、とか、何か動かなきゃ、とか思わなくても、世の中はめまぐるしく動いていたし、私を取り巻く回りの人間が人生の節目節目を向かえ、それに自分がまんまと影響され、何となく忙しく、あっという間に一年が流れた。これで、成長できたかのか?と問われればそれは、分からないけど、何はともあれ、自分に降りかかる様々な試練や、難題を「今年は受身的な一年を過ごすんだ」、と初めから決めていたし、受け入れようという覚悟のもとやっていたので、何となく楽だったような気もします。

仕事面は、今年も相変わらずのんびりマイペースでやらせて頂きました。今年もよき出会いがあり、そしてまた、お客様によって自分が勉強させて頂いたこと、幸せを頂いたこと、深く感謝しております。これからも驕ることなく、日々来てくださる方々に感謝し、技術、精神共々邁進出来たらと思っています。

夫婦・家族は・・・・、小さい愚痴は多々ございますが、皆が、生きてさえいてくれたらそれだけで私は十分です。夫に関して言えば、よく働いて頂いて、今年も私は楽させて頂きました。感謝。

私自身来年は、何だろう??来年は、肉体改造をして、冷え性を改善したいです。頭のほうももう少し勉強しなくてはと思います。仕事はしばらくはこのまま、少しづつ努力しつつも実が熟するのを待つといった感じでしょうか。家事は、掃除とか整理整頓をもう少しこまめにやりたいかな。
遠くに掲げる目標はあるものの、それに対して今やるべきことがなかなか思い浮かばない、なんとも曖昧な目標ですが、ガツガツやる欲があまり湧いてこないです。イカンですな。来年も特に何にもなさそうな予感が。。。。

頭の中を整理しようと、つらつら書いてみてわかったこと。今年は特に何もなかった。そして来年も何もなさそうな予感。。。これが幸か不幸か?わからない。ただ、来年も、ここが、私が、毎日毎日身を粉にして慌しく働いている方々の、そして疲れ果ててしまった方々の、癒しの場になってくれれば、私はありがたい。

皆様はどんな一年でしたか?きっと皆さんも慌しく、あっという間だったんでしょうね。
それではよい年をお迎え下さい。

終わり。

(ブログは、今年ももうちょっと書かせて頂きます!)

追伸
年賀状、全然手をつけていないのでかなり遅くなりますが、あしからず。


ロブションのパン [Pain]

    

ミシュランガイド東京で三ツ星を獲得した恵比寿の「ジョエル・ロブション」。その地下にある、パン屋さん(La Boutiqe de Joel Robuchon)でお買い物。ちょこっと三ツ星の味をおすそ分けして頂いた様な、そんな気分になれるパンです。もっと軽い感じかと想像していましたが、意外にずっしり中身の濃いパンでした。次はバゲットでも買ってみましょうか。


クリスマスディナー 2007 [Noël]

        

我が家では、12月23日ささやかなクリスマスをしました。私は、午前中からずっとキッチンに入りっぱなしだったのですが、夕方、タクシー横付でそろってやってきたのは、マダム二人、旦那の母と私の母。他人が作る料理が食べられるし思う存分飲めるとあって、この二人、来る?と聞いたら、行く!行く~~と言うので呼んでみました(笑)。まずは、CAVAで乾杯。このグラスは、昔パリの雑貨屋さんで買ってきたものの、あまり使う機会に恵まれなかったのですが、こんな時はちょっとパーティーの演出に一役かいました。

        

テーブルセッティングは、私の今後の課題のひとつで、クリスマスっぽくしようと思ったのですが、これはちょっとイマイチですな。

        

こちらは今回のメイン、ローストビーフ。うちにしてはちょっと奮発して、黒毛和牛のブロック肉を買ったのですが、これは少し失敗してしまいました。本当は、もう少しミディアムレアの方が良かったのですが、焼きすぎですね。それでもさすが和牛。見た目よりかなり軟らかく頂けました。そして、自作のソースもなかなかの美味で、ワインとおいしく頂けました。ソースといえば、ニンニク、粒マスタード、ビネガー、オイルをたっぷり入れて作った我流ドレッシングもなかなかの好評で、サラダやサーモンにかけて食べました。

    

こちらは、小布施のメルロー。今まで日本の赤ワインに抱いていた私のイメージを、ガラっと変えさせてくれたワイン。何となく、日本の赤ワインって酸味が口に残るようで、私のハートを虜にするようなものがなかったのですが、こちらは、ハートにグサっと刺さりました。先日飲んだ小布施ルージュは、あれ??ん?っという感じだったのですが、こちらは、バランスのいいワインで、私だけでなく、全員一致で、美味しいと唸りました。今回のローストビーフのソースをニンニクとお醤油をベースにしたので、このメルローが本当に良く合いました。先日、旦那のお母さんと銀座のレストランで頂いたフランスのメルローよりも私の好みだったかな。

こんな感じでささやかなパーティーをしましたが、成功と失敗と同じくらいあった今回のお料理たち。次こそは、なんとしてでもローストビーフを成功させたい。私の心の中で、ひそかにローストビーフにかける炎が燃えているのを感じます(笑)。


クリスマスツリー [Noël]

        

今年も飾ってみました、170cm程のクリスマスツリークリスマスのオーナメントが好きで、旅行した際にちょこちょこ買って来たりしているので、意外とインターナショナルなクリスマスツリー。大きなチェック靴下イギリスのオックスフォードで、赤いブリキのサンタやツリーは両親がドイツで購入してきたもの。そして今年から仲間入りしてあげたのが、サンタのマスコット写真左)。なんでも、母が手作りして飾って欲しいというので飾っています。待針が2本くらい付いていたけど大丈夫なのか?


もうすぐクリスマス [Noël]

  

Christmas card from Germany. 

ありがとーー!


城戸ワイン [VIN]

         

ひと足早く我が家にサンタがやって来た。プレゼントは、城戸さんところのワインナイアガラとメルロー。これは12月中旬の発売ということでしたので、1ヶ月程前に予約注文しておいたものなのですが、なんと城戸さんのワインは、これ以外は全て完売しています。さすが城戸ワイン、美味しいですからね。
実は、正直日本の赤ワインってそんなに好みではなくて、いつもこれはいいかな、と思いながら買ってはみるものの、そんなに感動するものがなく、これは、ソムリエさんが「塩尻のメルローは世界でも引けをとらない。」と仰っていたので、試しに城戸さんだし買ってみることにしたのです。このワインがパーティーの主役になってくれたら嬉しいな。

先日、ブログを見て下さったお客様から、毎日ワイン飲んでいるのですか?と聞かれてしまいました。答え、毎日は飲んでおりません。一日飲んだら次の日飲まなかったり、日を続けて飲まないように心がけています。アルコールを続けて飲むと、クセになってしまいますので、それだけは避けたいと思っています。自分はそんなにお酒に強い人間だとも思っていませんし、「肝腎(肝心)かなめ」という言葉がありますが、肝臓と腎臓の機能が衰えて大病を招くとどこかで読んだ記憶があるので、アルコールの分解が自分の肝臓機能の限界を超えることのないように気をつけています。でも飲むときは、できるだけ美味しく、料理との相性を考えながら楽しく飲めたらいいなと思っています。


風邪のひきはじめに [Beauty & health]

        

風邪をひいている方、多いようですね。のどの痛みや鼻づまりにワンポインツアドバイス。カーゼやコットンパフに精油を一滴垂らして、マスクと鼻の間に入れて、マスクをつけてみたらいかがですか?オススメの精油は、「ティーツリー」。これは、ラベンダー同様、一家に一台の精油ですね。抗ウイルス・細菌作用には並外れた力を発揮します。お肌に直接つけても問題のない精油なので、虫に刺されて痒いときや(痒みを抑える働きがあります。)、切傷などにも一滴ポチっと垂らしてもいいです。
そして、「ユーカリ」の精油もいいですね。(ユーカリは高血圧の人は避けましょう。)ユーカリもティーツリーと同じく、抗ウイルス作用があるので、呼吸器系にはとっても役に立ちます。ユーカリは、レモンのような爽やかな香がするので、つけていて気分もさっぱりします。いずれも、長時間の使用やお肌の弱い方、お子様の使用は、十分注意してお試しください。

このマスクの使用のほか、お風呂に2滴ほど入れたり、洗面器に沸かしたお湯をいれ、1~2滴ほど精油をいれたら、顔からバスタオルをかぶって、目を閉じ、蒸気を吸入してみるのもいいです。
できるだけ、市販のお薬の力を借りず、体に優しい自然の力を借りて風邪を治ていきたい方にお勧めです。

 


FAUCHON のバゲット [Pain]

    

2年前、夫とフランス旅行して以来、ことバゲットに関してだけは、ちょこっとうるさくなった私達。ここのは味がないね、とか、ここのはまあまあだね、これは周りが硬すぎるね、とか、私達の舌の判断で甲乙つけていたのでありますが、私達のイチオシは、八ヶ岳のパン屋さん。ですが、そこにしょっちゅう行けるわけではないので、今のところ、東京でここならいいかなと思うところが、フォションのバゲット。これは★★★☆☆3.5位はつけられると思う。フランスのブランドだからかもしれませんが、パリのレストランで幾度となくおかわりをしていたバゲットの味に似ていると思う。今回は、焼きたてを購入できたので、夕飯に二人で1本食べてしまいました。もっと美味しいバゲットをご存知の方、何処か教えて下さいな。全然関係ないけど、このフォション、夫が大学時代、高島屋のフォションでアルバイトしていたんですよね(笑)。だったらもう少し紅茶に詳しくてもいいのに?と思うのですが。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。