So-net無料ブログ作成

伊勢海老のお味噌汁 [Voyage]

        伊勢海老味噌汁.JPG

こちらは、お宿の朝食のお味噌汁。小さな二段のお重の中にもちょこちょこ色んな物が入っていて、家の夕飯よりも沢山あったのですが、ペロッと食べてしまいました。
そして、忘れちゃならない夕飯は、これまた牡蠣しゃぶが美味しかった。宿のワインリストはすべて勝沼醸造ワインで、もちろんお造りなどの海の幸がメインだったので、私達は辛口の「甲州」をオーダー。最近、美味しい牡蠣が立て続けに頂けてとっても幸せでした。※今回のお宿
さて、これで伊勢日記は終わり。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

夫婦岩 [Voyage]

        夫婦岩.JPG

まず二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)で身を清めてから、お伊勢参りをするようなのですが、うちは逆になっちゃいました。その他、五十鈴御手洗場(いすずかわみたらし)でも清流で身も心もきよめてからお参りするのもしきたりらしいのですが、思わず通り過ぎてしまいました。あまり影響はないのかも知れませんが、順路を知ってしまうと何となく気持ちが悪いので、次回からはできる限り(知ってる限り)しきたり通りに出来たらいいなと思っています。
順路は逆になりましたが、やはり海に来ると何となく我が身も清められた気がします。(上の写真)二見浦の夫婦岩に朝日が昇る景色はとっても美しいそうで、朝食前に早起きして来ようかなとも思ったのですが、やはり睡魔には勝てませんでした。

   朝@宿.JPG

こちらは、今回泊まった宿のお部屋からam6時半頃の眺め。せめてお部屋から日が昇るのを見ようと待っていたのですが、どうやら日が昇るのはお部屋の逆だったようで残念。
前日は雨が降ってきてしまって(自称、晴れ女の私としてはちょっと珍しいことなのですが。)、おまけに寒かったので、3時チェックインの5分位前には宿に到着しちゃいましたが、ゆっくり休むことができました。早く宿に着いた分、大浴場と露天を独り占め。雨の中だったけど、目の前が海の露天風呂に入れて本当に気持ち良かった。今年は、フランスにも行けたし、お伊勢参りも出来た、なんてしみじみ思いながら、この幸せを噛み締めつつ、1年の垢も洗い流せたような気がします。それに、タイミングってあるんだな、ともつくづく。数年前の私が伊勢に来ても多分感じ得なかった、空気感みたいなものが感じられたような気がするし、自分の体や仕事への気持ちも徐々に変わってきているこの時期に来れたことは本当に良かったなと思う。何はともあれ、何かが私の中で化学反応みたいなものをおこして変化しているような気がするんだ(多分ね。笑)、と同時に、これからも、「私は私らしく」生きて行こうと思ったのでありました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

酒屋 八兵衛 [Voyage]

        日本酒.JPG

(伊勢の話題はもう暫く続くのですが。)こちらの日本酒は、伊勢神宮の参道おはらい町通りで買いました。蔵元さんは、紀伊と伊勢を結ぶ旧熊野街道沿いの山と川に囲まれたところにあって、水は日本一の清流宮川の伏流水を使っているらしく、三重県以外ではあまり出回っていないようなのですが、なかなか人気のあるお酒のようです。燗でよし、冷(ロックも)でよし、常温よし、刺身、鍋、に相性ピッタリとお店の人の薦めもあり買って参りました。これは、ふふふ・・お正月に皆で飲もうと思ってます。頑固親父(父親)の口にも合うといいのですが、どうでしょう。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

伊勢うどん [Voyage]

  伊勢うどん.JPG

お伊勢さん参拝同様、こちらも目的のひとつでしたの(笑)。やっぱり旅は食も楽しまなくっちゃ。行く前々日、TBSの世界ふしぎ発見!で、これまたタイムリーに「日本誕生空白の150年伊勢&出雲に謎解明のカギ」なんてのをやっていて、夫と釘付けになって見ていたのですが、レポーターの方が、この伊勢うどんを(出雲ではおそばを。)食べていて、これは絶対食べるべし、と(所詮、そんなことしか心に残らなかった私でしたが。)固く心に決めて来たのでした。
今まで、そば・うどん・そうめんは、「コシ命」なんて思っていたのですが、これは私の中でうどん革命を起こしてくれました。コシのないうどん、そして具はねぎオンリー、汁ではなく(見た目よりは全然しょっぱくない)甘いタレ。あともう一杯くらい食べられそうでした。お値段なんと1杯400円。旦那は、もうひとつの名物手こね寿司もセットになっているものを食べました。車の中でお菓子を食べ過ぎてしまったのを後悔。今度来た時は、私もセットで食べようと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お伊勢参り [Voyage]

        外宮.JPG

何年越しかの念願叶って、伊勢神宮にお参りに行って来ました。

江戸時代、「伊勢にゆきたい、伊勢路がみたい、せめて一生に一度でも」と歌われ、多くの江戸の庶民が伊勢に魅せられ、憑かれ旅した伊勢神宮。私も今回、本当に行けて良かったと思っています。

伊勢神宮には、「外宮(げくう)」と「内宮(ないくう)」があり、参拝する順路として正式なのは下宮から。なので、私達もその順路に従って、まずは外宮からお参りしました。上の写真は、外宮正宮。これ以上奥の撮影は禁止。外宮には、天照大神のお食事を司る神の豊受大神宮(とようけおおみかみ)がおまつりしてあり、衣食住をはじめあらゆる産業の守り神です。 

        内宮.JPG

外宮のお参りが終わった後は、3キロ程離れた内宮に向かいます。ここは、天照大御神(あまてらすおおみかみ)がまつられている、日本で最も尊いお宮です。この写真は内宮正宮に向かう階段。ここも撮影はここまで。千古の森に囲まれ2000年の歴史を越えて、こうして佇む内宮は、本当に神様っているんだなって感じがしてきます。そのずっしりとした重みを森の中から感じることが出来るのですが、それは、行った人にしか感じられない感覚ではなかろうかと。でもそれは、厳かというだけではなく、清清しさや優しさもあって、涙さえ出てきそうでした。そして、内宮正宮を見たときは感動も絶頂。雨も激しく降ってきて、後から後から人も押し寄せて来るのですが、旦那に「もうちょっとここにいさせて。」とお願いして、心行くまでそこに立ち、私なりに何かを感じ、帰って来たのでした。

伊勢神宮。かやぶきの屋根に建物は古代様式で派手さのかけらもないのに、自分がこんな感覚に陥るとは、本当に意外で、こんな私をも魅了してしまうここには、きっと何かがあるんだろうな。何だか日本の底力みたいなものを感じたような気がする。
       


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

am 6:45 [Voyage]

        浜名湖.JPG

朝6:45頃の浜名湖。日が昇り始め明るくなっていきます。
この日は、朝、と言うか夜中の2時半起きだったので、家を出て厚木辺りまでは覚えているのですが、気がつけば静岡の浜名湖まで来ていました。

 

サンドイッチ.JPG

浜名湖のサービスエリアで朝食タイム。お恥ずかしいので即席朝ごはんを小っちゃく載せておきます。前の晩、旦那が篤姫を見ている横で、う~~見たいよーとか思いながら私はせっせか作っておりました。パンに卵やジャムをはさんだだけのサンドイッチとクレソンやサニーレタスのサラダの上にウインナーをのせ、ケチャップと粒マスタードをかけただけのおかず。水筒には、濃く煮出したチャイにミルクを注いで温めて入れて来ました。こんなお弁当を食べているのは私達だけかしら・・なんて思っていたら、意外や意外、結構お弁当人口多し、でした。私の場合、外食が続くと胃腸が疲れちゃうので、出来うる限り家で作って持って来るのです。
食べ終わって外に出ると、日はすっかり昇って世の中は明るくなっていました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

牡蠣と黄金色のワイン [Restaurant]

        グッチーナ1.JPG

金曜日、母と知人と3人で三軒茶屋のGuccinaでランチをした模様。コースのお料理のほかに単品でこの生牡蠣を3人分お願いしたのですが、これが、なんとも美味しくて。こんな美味しい牡蠣は生まれて初めての快感!そもそも私が牡蠣を食べられるようになったのは、ここ2年位の話で、旦那のお母さんが作ってくれた牡蠣のオイル漬けが最初なんだけれども、子供の頃からこんな美味しい牡蠣を出されていたら、間違いなく牡蠣を嫌いになんかならなかっただろうになんて思いました。

        グッチーナ2.JPG

牡蠣にはシャブリと言われますが、この黄金色のワインもまた美味しいんだ。イタリアの葡萄の名前はなかなか覚えられなくて、これも覚えていないのですが、お兄さん曰く、辛口の中にもミネラル感が豊富なワインとのこと。私はメインも白身魚だったので、2杯目も同じワインを頂いたのですが、他の2名も2杯目に突入。結果、ボトルで頼んだほうが断然安上がりになりましたが。「なみなみと注いじゃって下さい!」と言ってはみたものの、普通量に注いでくれました、笑。

   グッチーナ3.JPGグッチーナ4.JPG

生ハムとイチジクの前菜は私の。何だかニースを思い出しましたが、これなら、難なく家でもパーティーなんかにお出しできそうかな。隣のパスタは、母のものですが、私のより美味しかったのでこちらをアップ。帆立とアスパラのフィットチーネ。これにすればよかったー。3回位、「あ、やっぱこっち」を繰り返した後に決めたわりに平凡なものをオーダーしてしまった私は、後悔がちょっと残った。この後はメインがあったのですが、写真を撮り忘れました。

   グッチーナ5.JPG

右のとうもろこしの粉で出来ているポレンタのケーキが、味、食感共にグー。

        グッチーナ6.JPG

大通りに面していないので、ちょっと分かりづらいところにありますが、また何かの機会に旦那も連れて来ようかな。彼の好きなお野菜もふんだんに使われているしね。
最近、自分で作るパスタ料理がどうも納得いくものにならなくて、久しぶりにプロの味が食べたいなと思っていたところだったので、ここの味に出会えて、またちょっと頑張ってみようかと思えました。

Guccina Itariano


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ローズクォーツ [Mode]

        ローズクォーツ.JPG

母がお仕事の用事でこちらに来ていたので、知人とランチした後いつものお店に行き、こちらのローズクオーツのネックレスを買ってもらいました。ラッキ~~。こんな淡い色の乙女な感じのは初めて。でも、このシルバーの石は、わざといびつに手で打った感じがいいかなと。母もお気に入りのお店なので、母親もイヤリングを購入。母の方は私のとは一転、ブラックオニキスとシルバーのクールな感じの、でも、結構大ぶりでなかなかかっこいいイヤリングを買ってました。親子揃って満足気に買ったばかりのアクセサリーをつけて帰ってきたのでした。笑。

ローズクォーツと言えば、恋愛の石として有名で、これを身につけていると、恋愛が成就するとか、素敵な人が現れるとか言われているのですが、このかわいいピンク色は人をとっても優しい気持ちにしてくれるそうで、その波動が回りにも伝染して、男女の仲や人間関係をより良いものにしてくれます。他にも、ホルモン分泌にも影響を与えて、美肌・アンチエイジング・美的感覚を高めたりもするそう。うーん、いいかも♪浄化もまめにしないといけないようですが。前からローズクォーツの原石は持っていたのですが、今一度他の石たちも見直してみようかなと思いました。ちょっと大事に、でもヘビーローテーションになりそうな予感です[黒ハート]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

庭の紅葉 [Jardin]

エゴ.JPG

紅葉前線が家の庭まで来ました。ウキウキ・・ ソワソワ・・。
昨日、今日と一気に寒くなりました。本当は12月までとっておきたかったのですが、仕方なく今年は昨日デビューさせました。ゆたんぽを。旦那さんには「おばあちゃんみたい。」と言われてますが、いいんです、温かいんです!2年位前から愛用していて、もう手離せない私の相棒。電気では感じられないぬくもりが、心まで温かくしてるような?!感じです。(湿気がいいみたいです。)足の下に置いたり、時には、腰の下にも置いて、じわりじわりと来る熱で体を温めます。残り湯だって再利用できちゃうエコ製品だしね。

     エゴ2.JPG

寒いけど、今日は快晴のいいお天気。そういえば、今日は、ボジョレー解禁か。例年よりあまり世間では騒がれてないような気がするけど、どうしちゃったのかしら?景気後退の波かしら?


チョコチャイ [Beauty & health]

        チョコチャイ.JPG

今日の夕飯後のお茶は、チョコチャイ。(因みに今日のディナーは、またチーズフォンデュだったんだけども。)チョコレートの風味がするチャイで、紅茶にジンジャーチップ、シナモン、カルダモン、レッドペッパー、クローブ、ローリエのスパイスがブレンドされていて、LEAFULLの冬季限定品。甘いチョコの香りは申し分ないのだけど、本当のチョコレートが食べたくなってしまった。
ところでこのコーヒーカップ、10年前二十歳そこそこだった私が買った有田焼。若い女の子にしては渋い趣味だなって笑ってしまうのだけど、久しぶりに出してみたら、当時を懐かしく思ってしまった。まだ旦那と結婚してない昔昔。昔から器のお店の前は素通りできない性質だったんだな。

    チョコチャイ2.JPG

「ヒマラヤの風にのって、香りをお届けします」とさ。。。。
明日は、ミルクを入れてミルクチャイにして飲んでみようかしら。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。