So-net無料ブログ作成

雛祭り [Cuisine 【和】]

雛祭り2010,1.JPG雛祭り20102,.JPG

雛祭りが近いので、夫と二人でささやかな雛祭りのパーティーをしました。(本当、ささやか!)
ローストビーフにちらし寿司、茶碗蒸し、ほうれん草の胡麻和え。ローストビーフは、先日沖縄で食べたサーロインステーキより美味しいね、と言いながら食べました。とはいえ、箸で食べられるようにサラダ風にしたかったのですが、包丁の切れ味悪く、分厚くなってしまったため、結局、旦那がナイフ&フォークを出してきたのでそれで食べました。折角作った汁物は、出すのを忘れてしまったし、デザート用に作ったパンナコッタは、食べ終わっても、まだ固まっていなかったので、結局出せず仕舞いでちょっと残念。(でも、また後で食べる予定。)

それにしても、未だに沖縄の余韻が残る夫婦で、何だかダラダラと過ごしてしまっています。夏嫌いな私が、早く夏来ないかなーと思ってるくらいだし、デパート行っても、リゾートで着れそうなワンピースやサンダルばかり目が行っちゃう始末。何でも食べず嫌いはいけないと改めて思いました。そんなことを、あーだこーだ話しながら、少し明るいうちから、ラジオからはボサノバが流れ、心地よくご飯が食べれて、あー幸せ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

沖縄 食編 [Voyage]

 沖縄そば.JPGソーキそば.JPG

2日目のお昼。私が食べた沖縄そば(左)に、夫が食べた、ソーキそば。違いは、お肉が豚バラか骨付きか。ヨモギを少しづつ入れながら食べて下さいとのこと。スープがあっさり目、お肉が凄くやわらかくて美味しかった。
サーターアンダギーをかじりながらのドライブ中、偶然見つけた国道沿いの民家のようなこのお店に入りました。窓の外には畑があって、その向こうには海が見える、本当にのどかな沖縄らしいところで食べれて感激。

2日目の夕飯は、DFSを後にしモノレールに乗って那覇市内に入り、沖縄料理の居酒屋で食べました。ここに入ったのがPM7時半頃だったのですが、1日観光していたら疲れてしまって、泡盛もビールも飲む気にならず、私はシークワーサーサワーにしておきました。

      青パパイヤシリシリ.JPG
      グルクンから揚げ.JPG
      ドゥル天.JPG      

上から、青パパイヤのシリシリサラダ、グルクンのから揚げ、ドゥル天。他に、島らっきょう、ジーマミ豆腐、薬草天ぷら、〆にラフテーチャーハン、などを食べました。
夫に、何が一番美味しかった?と問われ、ジーマミ豆腐と島らっきょうかな、と答えると、地味だねぇ、と返ってきたけど、本当にそれがさっぱりしていて食べやすかった。もしかすると、私は、北国のお料理の方が好きなのかも知れない。

翌日、帰りの飛行機は、沖縄19:00発を予約しておいたのですが、やっぱりお互い仕事があったし早く寝たいと言うことで、3時間早めて帰宅。おかげで、夕飯は我が家で食べられました。

  海ぶどう.JPG

沖縄で買ってきた海ぶどうとシークワーサーの塩ポン酢。翌日は、海ぶどうをスモークサーモンとあわせて、洋風なサラダにも入れてみました。


 

それにしても、沖縄、サイコー!です。夏、マリンスポーツしたり、のんびりしたり出来たら、どんなにいいだろうかと思いました。今年こそは、水着買おうかな。。  

おしまい。 
    


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

沖縄観光 [Voyage]

今回の沖縄旅行は、2泊3日。1泊目は先に紹介した地上の楽園カヌチャ。2泊目は那覇市内のホテル。なので、カヌチャから、車で南下しながら、所々の観光地を巡ってきました。
もっとカヌチャでのんびりしたかったー。初めてだったので仕方ないけど、沖縄は、ビーチやプールで過ごすことが一番!と実感。次回は、何処かのリゾートで思いっきり滞在してやる~!

  平和祈念公園.JPG

と言っても、沖縄であった過去の現実も忘れてはいけないと、ひめゆりの塔や平和祈念公園に来て思いました。沖縄戦で犠牲になった20万人もの方の名前が石に刻まれている「平和の礎」を見ると、さすがに私も胸が詰まり、涙が出てきそうになりました。そして、この崖は、逃げ場を失った人々が、自決した場所でもあります。

  斎場御嶽1.JPG

そして、世界遺産「斎場御嶽(せーふぁうたき)」に行きました。あんまり面白くなさそうだったけど、さすが世界遺産。意外と良くて楽しめました。良かった良かった!と言っていたら、最初とテンションが全然違うぞ!と夫に言われました。

(パンフレットより。)
『御嶽とは、南西諸島に広く分布している「聖地」の総称で、斎場御嶽は琉球開びゃく伝説にもあらわれる、琉球王国最高の聖地です。域内にある六つのイビ(神域)は首里城内にある建物や部屋と同じ名前を持つことから両者間の絆の深さをみることができます。』

木々の穴からは、久高島(くだかじま)が見えます(↑)。アマミキヨ(琉球開びゃく神)が国造りを始めたと言う神の島です。 

        斎場御嶽2.JPG

2本の鐘乳石からポタポタ水が垂れ、壷に溜まっているお水は、神聖なお水。

 

そして、ここから首里城近くの某ホテルへ車で向かいチェックイン。すると、フロントの方が、予約された16階のお部屋は、本日ヤクルトスワローズの方々が泊まっているので、その上の17階のお部屋を用意しました、とのこと。なんですと!?と思いながら平静を装っていたのですが、所詮ミーハーなので、フロントの前を通るたびにキョロキョロと見渡してしまいました。とはいえ、古田ってもうヤクルトにいないよね、って話しているレベルなので、誰がいるか全然知らないのです。翌朝、フロントでチェックアウトしていると、練習場に向かう選手たちがちらほら下りてきて、サインとかもらっている人もいたけど、どなたさんか全然分からず。凄い人なのかな?
毎年年賀状で、今年も神宮行って応援します!って書いてある先輩夫婦ならきっと泣いて喜びそうだけど、私にはその有難味が分からずでした。

チェックイン後、レンタカーを返却しに、那覇市内のDFSの駐車場へ向かいました。DFSで買い物できるなんて海外旅行気分で楽しかったです。

3日目は、ホテルから歩いて首里城も観光。ここもなかなか面白かったです。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカ生まれ [Voyage]

私は、ファストフードが苦手なので、

  これも(BLUE SEAL)、

        blue seal.JPG
      (塩ちんすこうと紅イモ味)

  これも(A&W)、

        A&W.JPG

夫に押し切られ、入店。

味はともかく、満足げな大人が一人いたので、私も満足であります。
アイスはともかく、油っこいものは、めっきり受けつけなくなってしまった私としては、まだまだこういうものが食べたくなるなんて、ある意味たくましいな、と思いました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カヌチャベイの休日 [Voyage]

  カヌチャベイ1.JPG

ここが何処だかわかるかな?? ここは、沖縄だよん。夫と行って来ました。
どちらかと言うと私達は、海より山派。なので沖縄へ行くことは無いだろうと思っていたのですが、今回、夫婦とも初めての沖縄。それが、とっても楽しかった。それに、妻から見るに夫は、はまったな、と思えました。
急に決まったことなので、行きの飛行機は、午後便しか取れず、那覇空港に着いたのが午後3時。それからレンタカーを借りて、那覇を抜けて高速で名護市へ。PM6時頃、カヌチャベイホテル&ヴィラにチェックイン。ここは、広大な敷地の中に、ホテル、レストラン、スパ、ビーチ、プール(3つ)、コンビニ、ゴルフコース・・・、老若男女、誰が来ても楽しめるリゾートです。

  カヌチャベイ2.JPGカヌチャベイ3.JPG
  カヌチャベイ9.JPGカヌチャベイ7.JPG

敷地内は、カート(有料)やシャトルバス(無料)で移動したり、朝は、ジョギングしていたり散歩したりする人もいたり、人それぞれ。
お部屋も眺めも快適。テラスには、ジャグジー(水着必須なので、今回は入れず。凄く残念。持ってくればよかった!)。

  カヌチャベイ2.JPGカヌチャベイ4.JPG

夕飯は、和食、フレンチ、中華、イタリアン、ステーキハウスの中から選べたので、何処にしようか迷って、ステーキハウスに8時に予約を入れ、循環しているバスに乗って食べに行きました。(因みに場所は、冒頭の写真、右上に見える2棟の高いホテル棟の1階。)

  カヌチャベイ6.JPG

前菜、サラダ、スープ、サーロインステーキ、アイスのコース。すっごく美味しくって感動、というわけではないのですが、心地良いサービスと沖縄という空気に引き込まれ、幸福感に満たされました。
ここには、ゴルフコースがあるので、男性だけのグループもちらほら見かけました。多分、日中はゴルフを楽しんだんだろうなと思われる男性陣5、6人が、赤ワイン片手に語らっている風景は、なかなかダンディーでした。

  カヌチャベイ8.JPG

こうして夜は更けて行き、お部屋からはライトアップされているプールが見えました。
沖縄サイコーー!!


     カヌチャベイ13.JPG

昨夜、ホテルの売店でビーチサンダルを買っておいたので、朝は6時に起きて、夫とビーチをお散歩。遠くに浮かんでいる生き物が見えました。何あれ??クジラ?イルカ?ずっと気になっていたので、さっきホテルに電話して聞いてみたら、ジュゴンがここら辺にはいるので、ジュゴンの可能性もある、との回答。これで、スッキリ!

  カヌチャベイ11.JPGカヌチャベイ10.JPG

散歩後、朝食。朝食も好きなレストランで食べることが出来たので、これも悩んで、中華にし、中華粥を食べました。でも、これが失敗。美味しかったけど、朝から焼売とかは、私にとってはちょっとヘビーで、一日体が重い感じがしました。けど、食べ放題のフルーツはどれも美味しく、特にパイナップルは甘くてとっても美味しかったので、帰りに那覇の市場で買って帰ってきました。

レンタカーは、ホンダのハイブリッドカー、インサイト。これが優秀君なのです。200Km以上は走ったと思うのですが、ガソリン代が安く済みました。それにしても、沖縄の高速道路は、(房総でもそう思ったけど、)ノロノロ。往復、一台も抜かされること無く、延々と右車線を走行。でも、こんなのんびりしているところで、ビュンビュン飛ばして、あの人(夫)、やっぱりちょっとストレス溜まってる。

今回は、欲張らない、が旅のテーマで、私としては、のんびり行こうと思っていたのですが、やっぱり家の旅らしく、国内外問わず、忙しくなってしまった。あそこも、ここも、と行きたくなってしまうのです。次回は是非、ビーチでのんびりしたい!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

タルト フランベ [Cuisine 【仏】]

  タルトフランべ.JPG

今日は、一日雨が降ったりやんだり、夫は、お勉強しているし、、、暇だったので、タルトフランベを作りました。これも、アルザスのお料理です。一見、ピザにも似ているのですが、起源はそこからではなく、アルザスの主婦が、残ったパン生地を薄くのばし、フロマージュ・ブラン(熟成させてないフレッシュチーズ)や玉葱、ベーコンをのせて焼いたら、ワインにもあう凄く美味しいものが出来た!というのがはじまり。現地では残念ながら食べられなかったので、お家で堪能。
夫からもリクエストが出たので、自分のためにレシピを残しておきます。

材料 (25㎝角の天板1枚分)

*発酵生地
  薄力粉   100g
  強力粉   100g
  塩      小さじ1/2弱
  水      120cc
  溶かしバター   20g
  インスタントドライイースト   4g

*仕上げ用
A ・ フロマージュブラン   100g
  ・ 生クリーム    50cc
  ・ 薄力粉   大さじ2
  ・ 塩 コショウ ナツメグ 各少々

 玉葱(薄切り)    1/2個分
 ベーコン(短冊切り) 50g

レシピ
 1) 薄力粉、強力粉はあわせてふるう。塩を混ぜて、台にリング状に広げ中央に残りの材料を入れる。内側から少しずつ混ぜてなじませ、カードなどでまとめていく。
   (家では、水がこぼれてきそうだったので、水は少しづつ入れていきました。)
 2) (ストレス発散しながら)生地をたたきまくって、10分間くらいこねる。
 3) 常温で1~2時間発酵。
 4) 生地が2倍膨らめばOK.こぶしで叩いてガス抜き。
 5) 台で打ち粉(分量外)をして、生地をのばし、麺棒で2~3mmの厚さにする。
   (もしくは、お好みの厚さにする。)
 6) 天板にオーブンシートをひいて、生地をのせる。
  Aを混ぜ合わせ、生地の表面にぬり、玉葱とベーコンを散らす。
  250℃のオーブンで焼き色がつくまで、13~15分焼く。

  タルトフランべ.2JPG.JPG

凄く簡単で、とっても美味しく出来ました!生地がカリカリで、これは本当にアルザスの白ワインに合いそう!!前菜でもランチでもおやつでも♪


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ドイツパン [Pain]

  ドイツパン.JPG

ドイツの朝食で食べた、あのライ麦パンが忘れられず、デパ地下などでずっと探していたのですが、やっと昨日発見!渋谷の紀ノ国屋スーパーにありました。あったー!と思わず心の中で叫んでしまった。夫にも食べてもらいたく、買って来ました。

今朝の朝食でまず食べ、そうそう!これこれ!この味 ♪♪と久しぶりに食べたドイツパンに満足。最初、袋を開け、薄っ!と思ったのですが、食べてみるとこれが納得なのです。歯ごたえがあり結構食べごたえがあるのです。(とはいえ、ドイツでは、こんなに薄くなかったけど。)
今回は、小粒なレーズンがぎっしり詰まったカーラントローフとプレーンなタイプのシンケンブロートを購入。美味しいチーズやハムをのせて食べるのもまた美味。ホテルでは、いつも美味しそうなチーズやハムが並んでいたのですが、どうしても朝からは食べる気にならず、このようなパンとサラダかフルーツを盛りだくさん食べていました。
そして、本日の一人Dinnerは、ドイツのザワークラウトにジャガイモ、ソーセージを入れ煮込みました。特に、ドイツをイメージした訳じゃないけど、気づいたら、あら?ドイツっぽいかしら!?とちょっと思えました、笑。

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『 和 』 [Cuisine 【和】]

   たらの芽.JPG

最近のワタクシのマイブームといえば 『 和 』 なのです。楽しいです。Oh!和食だねぇ、いいねぇ、と言いながら、ルンルンで食べております。とはいえ、飽きっぽい性格なのでいつまで続くか分からないのだけど。
日本人なのに、日本のしきたり、作法、知らないことだらけでは?と今更ながら感じております。
さらに、この和ブームを助長するかのように、「オレんちの米食ったら、他の米食えねぇよ」と言っていた Jちゃんが、本当に米をいっぱい送ってくれて、それが、本当に美味しくて、最初の日は3杯飯をしちゃったほど。けど、こんなの続けていたら、炭水化物おデブになると思い、今は、自制して食べています。

さて、お料理は、もう春のような食卓です。菜の花の辛し和えにたらの芽の天ぷら。たらの芽の天ぷらは大好物。昔はよく、両親と山菜取りに出かけ、超大っ嫌いなヘビに遭遇して、ぎゃーぎゃー騒いでいたけど、でも今、東京でもこれが味わえるなんて、幸せ。(でも、やはり、風味はどうしても現地のものには敵わないかな。)その天ぷらを揚げるついでに、レンコンと納豆の天ぷらを揚げ、岩塩または、天つゆに大根おろしを入れて食べました。
それにしても、和食と言えども幅広し。夫の母上に「和食教えて。」と連絡してみたら、かなり面倒臭がられたけど、前に食べた、ぷるんぷるんの茶碗蒸しは、意地でも伝授してもらおうと思ってます。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コロッケ弁当 [Cuisine 【他】]

  コロッケ.JPG

前日のお夕飯のコロッケを少し多めに作り、お弁当用に小さく揚げたものとスパゲッティーサラダ、はっさくをタッパーなどに詰め、久しぶりにお弁当、水筒持参でお出かけしました。ちょっと寒かったけど、公園のベンチで食べました。
常磐自動車道を下りて向かった茨城県笠間市は、すごく田舎でびっくり。でも、とっても楽しかった!
目的は、笠間焼を見に行くこと。「特徴の無いのが特徴。」と言われている笠間焼きは、若手の作家さんから外国人の作家さんまで個性溢れる陶器がすごく面白かったです。
今回は、ギャラリーを見たり個人の作家さんの工房を訪ねたりと色々と探検してきました。お店の方の穏やかで、親切、丁寧(時には、笠間焼きの湯呑みでお茶も出してくださいました。)な対応はとても気持ちよかったです。とはいえ、結構歩き回ったので、夫婦ともに、ぐったり、疲れました。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。