So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

いろいろ遊びました! [Voyage]

のとじま水族館2013.8.jpg

今年の夏は、とにかく沢山遊びました。地元のお祭りを見たり、毎日花火をしたり、花火を見に行ったり(かなり遠くだったけど)。
この夏、動物園も3回くらい行きましたが、水族館も行きました。ルートは昨年と全く同じ。石川県和倉温泉→のとじま水族館→軽く海水浴。昨年は笑顔で入っていた海も、今年は怖がってダメでした。和倉では、観光客向けに毎夜夏祭りが開催されていました。息子は普段、8時には寝ている生活なので、夜9時に外にいるなんて、初めての夜遊びです。それでも、旅館が貸してくれた子供用浴衣がとてもよく似合い、夜のお祭りを満喫しているようでした。

2013 夏 昆虫博.jpg

これは、夫と息子が昆虫博に行った模様。私にはゴキブリのようにも見えますが、クワガタです。動物同様、昆虫にも興味があるようです。

子供は夏成長する、と聞いたのですが、どっか成長したかなーと考えたら、そういえばイヤイヤ期は終わった??最近あんまりヤダヤダ!と聞かなくなりました。


初登山 [Voyage]

車山2013.8.jpg

この夏も、息子は、毎日元気いっぱいで過ごしました。気がつけば、今年もあと4ヶ月で終わりですが、息子は今年、まだ一度も風邪をひいていないので、しばらくこの記録が伸びるように頑張ります。

8月初日の1日。私と息子は新宿から特急あずさに乗り込み信州へ。あずさに乗って以来、息子は、子供用電車図鑑のあずさのページばかり眺めていました。そしてこれが乗車2回目であります。とはいえ、いつも半分は寝てますが。

前置きはともかく、翌週夫と合流し、日頃、「ママ~ン、抱っこ~」の甘えん坊の息子の根性をどうにかするべく、車山に息子の初登山へ。登山と言っても、大人にとっては、超簡単なトレッキングで、40分も登れば山頂についてしまうお手軽コース。
息子は、買ってもらったばかりのモンベルのリュックに大好きなパンを入れて、「上でパン食べる!上でパン食べる!」と言いながら、一生懸命登ってました。すれ違う人のほとんどが、頑張れ~、とか、偉いね~とか、いくつ?とか声をかけてくれました。2歳の子に山登りなんて、私ってスパルタ?とちょっと思いましたが。
抱っこと言うまでおんぶしないぞ、と決意しながら登りましたが、結局、息子は、一度も抱っこと言わず40~50分登りました。が、とにかく2歳児の小幅で登るので、超遅い。その為大人がギブアップし、夫が息子をベビーキャリアで背負い山頂まで行きました。

パンとチーズとハムを持参し、山頂でサンドイッチにして食べました。天気も良く、見晴らしも最高で、パンも美味しかったし、息子も弱音を吐かずよく登ったし、とっても楽しかったです。

私的に、↓↓こっちがメイン~。

車山2013.8 ③.jpg車山2013.8 ④.jpg
車山2013.8 ⑤.jpg車山2013.8 ⑥.jpg

酔っぱらっていたのか、写真がブレブレで悲しいのですが・・・、今回は、蓼科のフランス料理のフルコースを出してくれるというオーベルジュに泊まりました。最近、息子は外食も慣れて来て、よく食べるし場慣れしてきている感じです。デザートのアップルパイは、全て息子に食べられました。温泉に入って、→ ワイン&フレンチなんて、超最高!!

 

 

 


2013夏 [Voyage]

お台場2013.07.jpg

今年もたくさんの思い出を作った夏が終わろうとしています。子供が出来る前は、夏なんて暑すぎて大嫌いだったけど、最近は、夏にどんなことをして遊ぼうかと、そればかり考えてます。

さてこれは、7月。気分転換にお台場で遊んで来ました。午前中は、船の科学館で遊び、お昼に、前も行ったホテルのレストランでスパークリング&ランチ。その後、水上バスにてなんちゃってお台場クルージング。

こんな感じで始まった2013年夏、ですが、8月のもよう、またアップします。


ZOO 再び [bébé]

茶臼山動物園2013.07.25.jpg

動物園にはまっている息子の為に、再び動物園へ。前回のブログの動物園に行った翌週には、私がいない間に父と子で井の頭動物園にも行ったようです。さらに、最近、小動物園にも行きました。

普段は抱っこ抱っこの息子も、動物園では、自らどんどん歩いて動いています。息子は、外で自然に触れることが好きなようで、動物園や大きな公園では、とても生き生きしています。田舎暮らしを本気で少し考えたけど、現実的に無理かな~というところに落ち着いちゃいました。でも、幼児期には、出来る限り沢山自然に触れさせて、たくましく生きていけるような魂が育ってくれるといいなと思う。


タグ:2歳1ヶ月

ZOO [Voyage]

茶臼山動物園2013.06.16.jpg

今まで、ウサギや羊、サルにポニー、といった小動物園には何度も行っていましたが、そのうち息子から、「ゾウさんは?」とか「キリンは?」と言われるようになったので、昨日は、実家に帰ったついでに、トラもライオンもゾウもキリンもいる動物園に連れて行きました。すると息子は、想像以上に大興奮で、「キリン!キリン!」「ゾウさん!ゾウさん!」と言いまくってました。私も、これらの動物を見ることなんてすごーーく久しぶりなので、百獣の王ライオンやトラは、ちょっと迫力ありすぎて怖かったです。息子も、見る前までは、ゾウさんゾウさん!!でしたが、ゾウは息子にとってはデカすぎたのか、少したじろいでました。他にも、羊やモルモットの餌やりや抱っこをしたりと盛り沢山で、親の私達も意外と楽しめました。
実家に帰り、私の母に「ゾウさんいた?」と質問された息子は、「ゾウさんもキリンもライオンもトラもシマ(←シマウマのこと)もレッサーパンダも、モルモットもみ~んないたよ~」と話してました。おお・・よく覚えてるな、と感心。で、これで満足かと思ったら、また、「ラクダは?」「サイは?」と言い出した。ラクダなんてどこにいるんだ??


タグ:2歳

2歳! [bébé]

息子も今月2歳になります。早いような、長かったような・・。思えば、1年前は、手押し車をおして歩いていたり、母乳もあげていたんだなと、しみじみ思い出しました。

前に、息子を連れてバスを待っていると、見知らぬおばあ様に、「お子さんがいて幸せね。」と言われたので、「でも、大変で。」と言うと、その方が続けて「でもね、私、この歳になって思うのよ。子育てしている時が、一番華だったなぁって。」と言われました。
いつになったら、自分のペースでご飯を作れて、ご飯を食べられて、きれいに部屋が片づけられて、ゆっくりお茶が飲めるのかしら?と思うと、今この瞬間が華の時代なんてとても思えないけど、以前より増して、あ~幸せだな、と深く感じるような気もします。

しかーし!今まで、大変ながらもまあ順調に育児をしていたワタクシですが、3月くらいから始まった反抗期(イヤイヤ期)にホトホト・・疲労困憊。先日は、お風呂入るのに1時間説得しましたが、「入らナイ!」の一点張り。この頑固オヤジッ!!と叫びたくなったり、泣き落としにかかりたくなったり・・「あ、ウルトラマンもお風呂入りたいって~」、などと言ってみたり・・。結局、運よく、めったに早く帰って来ない夫が登場し、普通にお風呂に入りました。今までのやり取り何だったんだ?と思うくらいすんなり。ハア~。
皆、このイヤイヤ期をどう乗り越えているのかしらと、聞いて歩きたいくらいです。私の育児どこでしくじったのかしらと思いを巡らしております。それとも成長の過程で必要な時期なのか??とにかく、全然思うようにいかないです。

一難去ってまた一難・・の日々ですが、健康には人一倍自信あり。只今14.5㎏でムチムチだけど、このまま健康で天真爛漫に生き生きと育ってくれたらこんなに嬉しいことはない!
私も、一人の親として女性として、日々精進していきたいと切に思う。


グアム [Voyage]

グアム①.jpg

何だか最近旅行づいてますが、5月の最終週は、グアムに遊びに行って来ました。沖縄が寒くて不完全燃焼だったのに対し、蒸し暑いグアムはプールにはもってこいの毎日。
3時間のフライトを終えて、ホテルに着いて1時間もしないうちに、私と息子はホテルのプールに飛び込んでました。結局、最終日以外は毎日プールで遊んでました。午前中にビーチ&プール → 昼寝 → 午後はショッピング&観光 (もしくは逆コース)で3泊4日。同じ3泊4日でも、沖縄の時よりもホテルが同じだったからか、親が慣れて来たせいか、ゆっくり過ごせたような気がします。

グアムに行けば、日本では太っていると言われている息子もやせっぽっち、と思っていたら、とあるレストランで、「ハ~イ!ハウ オールド アー ユー?」「1サイデス」「オー、デブデブデスネ~」と言われてしまった。えっ、グアム人もそう思うの??

グアム②.jpg

それでも、グアムの人たちは、みんな子供には優しく、必ず何か話しかけてきてくれるのです。「ハンサムボーイネ」とか「ソ~キュート!」とか、とってもほんわかする瞬間でした。
今回私は初グアムでしたが、期待以上に良く、楽しめました。息子にとっても、初海外でしたが、時差が少ない分、小さい子供が時差ボケで夜中苦しむこともなく、長時間のフライトで愚図ることもなく、熱海感覚で海外を味わえて、小さい子供がいるファミリーにウケているのも納得。それにホテルのテレビは、NHKも見れます。因みに、今回乗った飛行機は往復ガラガラで、離陸直後に爆睡し始めた息子は、シートを2席占領して横になって寝て来れました。帰りは、一睡もしなかった息子は、家までの車の中で爆睡し始め(PM7時)、結局朝まで起きませんでした。相当疲れたのでしょう。

グアム③.jpg

最後の夜、ホテル16階のレストランからの一枚。サンセットもとってもきれいでした。


タグ:1歳11ヶ月

小浜島 [Voyage]

小浜島 2013.04.19 ①.jpg

小浜島 2013.04.19 ②.jpg

小浜島 2013.04.19 ③.jpg

小浜島と石垣島に行って来ました。天気が物凄く心配で、行く前日は天気予報を見るのも嫌だったんだけど、息子と作ったてるてる坊主が思いのほか効果絶大で、海で遊んでいる時や、石垣島をドライブしている時は一度も雨に降られることなく過ごせました。小浜島へは、那覇空港で石垣島行きへ乗り継ぎ、石垣島空港からタクシーで30分離島ターミナルへ。そこから船で30分。やっと到着です。家からホテルまで、待ち時間も含め11時間の移動。まだ1歳の息子にはこれはちょっと酷だったな、と後から反省しました。帰りの飛行機では、息子はずっと寝ていたので、疲れたんだろうな・・・、と寝顔を見ながら感じましたが、いろんなことを体験し、綺麗な海を見て、少したくましくなったような気もしました。


タグ:1歳10ヶ月

リゾナーレ熱海 [Voyage]

リゾナーレ熱海 2013.0308 ①.jpg

リゾナーレ熱海 2013.0308 ②.jpg

週末は、リゾナーレ熱海で遊んで来ました。ここは、100%っていうくらい小さな子供連れファミリーなので、それ以外の人たちにはあまりお勧め出来ませんが、私達にとっては、まあまあ楽しめました。レストランで、息子が牛乳を2回もこぼしてもそれほど気兼ねすることもないし。けれど、日頃の育児疲れから解放されたく行ったのに、どこを見渡しても視界に子供が入ってくるので、現実逃避はなかなか出来ず終い。

今回は、テラススイートに泊まったのですが、我が子のはしゃぎっぷりが尋常ではなく、終始、テラスや部屋中をギャーギャー走り回り、これを見ているだけでも、ここの部屋にして良かったと思えるくらいでした。登ってくる朝日を眺め、眼下に広がる海を眺め、彼なりに感動したようで、カメラを持って来ては、写真撮れと催促してました。

12時にチェックアウトなので、私たちはそれまでずっとプールで泳いでました。庭でやるビニールプール以外は、これが息子のプールデビューとなります。初めは、怖がって全然ダメでしたが、1時間もすると、幼児用プールは自分で入って、滑り台も自分から登って行くようになりました。今は、色んなことにトライし、慣れていき、成長していってます。


タグ:1歳9ヶ月

星と森と絵本の家 [Art]

星と森と絵本の家2013.2.16①.jpg

国立天文台にある星と森と絵本の家に行って来ました。この日は、プラネタリウムの上映会があるというので、それめがけて息子とレッツゴー!です。このプラネタリウムが意外に面白かった!なぜなら、全てが三鷹七中天文部の生徒の手作りで、風に吹き飛ばされそうなビニールハウスの中に、ダンボールでできたドームがあり、その中に入るとちょっとボケた星空が広がっており、解説は七中の生徒。それが、なかなかお上手で、近頃の若者も素晴らしい!と見直しました。息子にとっては、初めてのプラネタリウムでしたが、面白い体験が出来ました。

さて絵本の家でも楽しく過ごしました。息子は、昆虫の絵本や、幼児向けの絵本などをあさったり、読んだり、お部屋を探検したり、いろいろです。

星と森と絵本の家2013.2.16②.jpg

星と森と絵本の家2013.2.16③.jpg

庭でも遊びました。このカタツムリはクラフトコーナーでおじさんに作ってもらいました。20円です。おじさん曰く、これは、フランスのワインのコルクで出来ているから、カタツムリじゃなくてエスカルゴだ、とオヤジジョーク炸裂でした。後は、どんぐり触ったり、自然に触れて、大人たちはさらに、天体望遠鏡で木星を見てきました。縞模様が木星の特徴なんだそうです。
これからは、息子と一緒に私もお勉強です。


タグ:1歳8ヶ月
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。